ご推薦の声

提言

 本邦において、ホメオパシーは医療行為として認可されておりません。また、レメディーは薬事法的な薬剤ではありません。ホメオパシーは、CAM(Complimentary and Alternative Medicine 相補・代替医療)に含まれる、セラピーのひとつです。その中でも、約200年の歴史を持つ、西洋発の伝統医療に属します。

 CAM には鍼灸・アーユルヴェーダなど、東洋の伝統医療も含まれます。伝統医療に対しては、しばしば科学的解明が問われます。共通して言えるのは、長い治療の歴史から得られた、膨大な臨床データがあることです。これらを、どう解釈するべきでしょう?

 いわゆる EBM(Evidence-based medicine)に関して、アメリカの US Preventive Services Task Force やイギリスの NHS(National Health Service)は、ランク付けをしています。RCT(Randomized controlled trial)の結果だけでなく、臨床報告や権威筋からの見解もまた、或るレベルの Evidence として認めているようです。

 つまり、欧米において、Evidence と Scientific evidence は同一視されていないのです。精神分析などに照らして考えると、RCT を試験として採用することが、適切でないという意見もあります。私自身一医師として、医療には再現可能性が必要だと考えます。少なくとも、論理的整合性とデータ解析は不可欠です。一方、科学的検証の限界という問題もあります。現行医療にしても、歴史的にみてまず現象の観察結果ありきで、時を経て検証し続けた結果、構築された体系ではないでしょうか。

 さて近年、スイス政府が保健医療行政に関する国策上、ホメオパシーを含む幾つかのCAMについて Evidence 究明にあたりました。あらゆる角度から統計学的調査を行い、まとめ報告を出したのです。このレポートはドイツ Springer 社から出版され、英訳版『Homeopathy in Healthcare』も2011年に刊行されています。ホメオパシー全体についての、肯定的な結果が出ています。これは関係者にとって朗報でした。ただし、もっぱら適切な方法論を採用した場合に限られる、とも明示されています。 (概訳参照:An official report of Homeopathy in Helthcare in Switzerland

 ところで世界的にみて、欧州ではイギリス、アジア中ではインドが、ホメオパシー先進国だと思われます。教育システムが発達しており、各種メソッドを学ぶカレッジがあります。イギリスでは、医師免許を持った医師ホメオパスと、かかりつけ医が紹介できる非医師のレイ・ホメオパスが共存しています。健康保険 NHS(National Health Service)の補助を受けられる王立ホメオパシー病院や、自費診療の個人クリニックがあります。

 選択枝の広さと安全性の、両方が保障された医療システム。それは豊かさの反映であり、望ましいあり方だと思えます。医師とセラピストが専門家同士で意見交換し、協力してサポートしてくれること。リスクを回避しつつ、全人的ケアが受けられること。私自身が医療側/患者側の双方に身をおくことで、その必要性を痛感してきました。本邦でもそのようなシステムの構築を待ちつつ、一医師ホメオパスとして、良質なセラピーを続けて参りたいと思います。

Top of Page ]