ホメオパシー解説

ホメオパシーとは?

 ホメオパシーは「自然治癒力を活性化することで、心身の根本からの治癒を導く」と言う原理に基づく、西洋の伝統医療です。いわゆる補完・代替医療の範疇に入る、ホリスティックなセラピーの一つです。ホメオパシーの始祖は、翻訳家でもあった、ドイツ人医師 サミュエル・ハーネマン(1755-1843)です。彼の考案以来、約200年の長い歴史を経て、徐々に世界中に浸透し、豊富な臨床実績が報告されています。そして今世紀に至り、飛躍的な発展を遂げ出したのです。

 イギリス・フランス・ドイツなどでは、健康保険の適用や、専門医課程の導入もあります。治療に用いる レメディー は薬局で市販されています。イギリス王室はお抱えのホメオパスを持ち、王立ホメオパシー病院を運営しています。このように欧州では非常にポピュラーな治療法です。また西欧諸国以外にも普及され、ことに近年発展がめざましいインドは、その最先端国となっています。

 ホメオパシーという名前は、「似たものが似たものを治す」という治療原理に由来しています。これが「類似の法則」です。ホメオパシーは、アロパシーと呼ばれる一般的な西洋現代医療とは、幾つかの要素において、大きく方向性が異なるのです。それは、ホリスティックで、自然治癒力を賦活化し、オーダー・メイドで、自然と共生する、などの要素を兼ね備えた治療法です。ハーネマンは「類似の法則」を展開させることで、これらの要素を満たしうる、ホメオパシーを編み出したのです。

 彼は自著オルガノンにおいて、このように述べています。「医師の最高で唯一の使命は病人を健康にすること」。我々の目指すべき「健康」とは、どんな状態を指すのでしょう? それは「病気」の対語のように思われています。まず「病気」の状態について、考えてみましょう。辞書的に「病気」は、「心身に現れた不調などで、医療的な改善が望ましい状態」とされています。ホメオパシーでは、この「不調」の原因は、私たちの自然治癒力の乱れによる、としています。よって、その乱れを調和に導けば健康が回復しうる、と考えるのです。ハーネマンは、この自然治癒力を想定し、 バイタル・フォース と名付けました。

 バイタル・フォースの乱れは、私たちの心身に「症状」となって表れます。アロパシー的な見方では、これはただの嫌な出来事にしかすぎません。よって、ただちに緩和しようとします。緩和とは、対症療法的で、抑圧的な手法です。根本的な深い問題を隠蔽し、表面的に症状を消すものです。これは、今まさにある激しい症状に対しては、苦しみを取り除ける絶好の方法です。ただし同時に、深部にひそむ不調を封じ込め、後に別の形で表面化させてしまう可能性があります。アロパシーはさまざまな観点から、現在不可欠な治療法です。しかし、その構造的な問題から、諸刃の剣ともいえるのです。

 一方ホメオパシーでは、症状を大きな手がかりとして、レメディーを選びます。症状とは、バイタル・フォースが自らの乱れを復元しようとする運動の表在化、とみなすのです。この運動は、各人の個別性に応じて、千差万別な特徴を呈します。

  クラシカル・ホメオパシー の手法では、痛みや不安などのあらゆる愁訴を、深く聞きとります。一見、他の人と同じようでも、症状には特徴があるからです。また、性格や嗜好、夢や恐怖などの経験についても、おたずねします。これらを分析することで、クライアントの個別性を見出すのです。個別性とは、その人を語る上で不可欠な特徴の組み合わせ、です。それに合わせて、レメディーをオーダーメイドします。レメディーは、動物・植物・鉱物など、森羅万象のさまざまなものから作られます。現在では、数千とも言われる種類の中から、最適なレメディーを一つ、選び出すのです。

 最適なレメディーを選ぶ秘訣は、独特な ケース・テイキング (カウンセリング)と ケース・アナリシス (分析)にあります。クラシカル・ホメオパシーの場合、初診時には約二時間ほどかけて、カウンセリングします。たとえ、主訴は身体症状だったとしても、精神の状態を充分に聞きとります。当院では、 センセーション・メソッド と呼ばれるテクニックを主に用います。クライアントの心身両面でいつも流れている、通奏低音のような同じ感覚を、見つけ出そうとするものです。

 よく適合したレメディーを服用することで、バイタル・フォースが刺激される、と言われています。「似たものが似たものを治す」。健康な人にある症状群を起こし得るレメディーは、病気の人のそれに似た症状群を消退させうる。「類似の法則」が働くのです。たとえば、2つの音叉によるチューニングを想像してみてください。同じ周波数を持つ音叉同志ならば、空間的に離れていても、片方を鳴らすと共鳴します。レメディーは物質的にではなく、ある種のエネルギーの媒介として、働くのではないか。ホメオパシーはこのような仮説の上に構築された、体系的な治療法なのです。

 レメディーがよく適合すれば、経過は比較的速やかです。慢性疾患では、罹患年数・年齢・病理・重症度によって、経過に要する期間や予後が変わります。いわゆる好転現象である、 アグラベーション と呼ばれる症状が出ることもあります。しかし治癒に向かっている場合には、心の安定や活力の増加など、好ましいサインが出るものです。ホメオパスは、これらを観察し、「へリングの治癒の法則」と呼ばれる治癒の方向性のルールを参照します。それにより、適切に経過を判定するのです。

 ホメオパシーは心身両面で癒されたいとお望みの方に、効果的な治療法です。ただし、適切な資格者が、適切な用い方をしない限り、無効なだけでなく、有害にもなりえます。どのように有効な治療法でも、やり方次第で、毒にも薬にもなりうる。これは普遍的な事実です。ホメオパシーの治療をお望みの方は、まずその点にご配慮ください。できれば、簡単なガイド本をお読みになり、セルフ・ケアなどから始められるとよいでしょう。「百聞は一見にしかず」です。急性治療で自らの変化を感じられたなら、その原理に納得がいかれるでしょう。そしてもし、慢性病でお悩みであれば、是非信頼のおけるホメオパスにご相談ください。

 以上が簡単なホメオパシーの紹介です。下線のひかれた各用語については、リンク先「Picture book ホメオパシー絵本」/III章:ホメオパシーのことば」 で、さらに解説いたします。

Top of Page ]